新たな社会的住宅の 創出×運営の試み ー 実例紹介 ー

¥ 500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

平成29年度 国土交通省 先駆的空き家対策モデル事業の一環として制作した小冊子です。

空き家を活用して住まいのセーフティーネットをつくる試みが、企業から自治体、NPOまで、さまざまな団体によって始められています。

この小冊子では、マスコミ等で先進的として取り上げられている13の“新たな社会的住宅”の運営者を取材、それぞれの事業の成り立ちの経緯と、運営ノウハウにフォーカスしてお話を伺っています。

また、空き家活用例だけでなく、これからの住宅セーフティーネット形成に資する事業、空き家活用の有効性が考えられるものについても紹介しています。

2018年3月発行/A4版32ページ/500円(送料込)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する